« ランチ | トップページ | 秋の遠足 »

調律後の話

調律をしていただいた後のメロの第一声。
「調律師の人、いつもと違う?」でした。
なかなかのするどさに驚きました。
調律師の方は同じなのですが、今回の調律はドイツ式でやって下さったらしく、
音色や鍵盤の重さ等もいつもと違ったからです。

メロ「鍵盤が重い、音色も全然違う。」

調律師「最初は打鍵が重く感じるかも」

前情報を与えずに、とりあえず弾かせてみたところ、
調律師の方が言われていた事そのままをメロは言っていました。
親バカですが、すごいなと感心してしまいました。
そして音色やタッチも意識して練習してるんだなと、嬉しくもなりました。
ますます調律の重要性を痛感しましたsweat01

|

« ランチ | トップページ | 秋の遠足 »

ピアノの練習」カテゴリの記事