« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

風邪気味です・・・。

この数日、風邪気味なんです。ちびメロも1週間くらい前から、鼻水が出たり、声がかすれたりしています。あと少しだから、寝込むことだけは何がなんでも避けなければbearing昨日は、ちびメロが学校から帰って来てから二人でお昼寝をしてしまい、練習ができませんでした。とほほweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別レッスン

いよいよ今週末に、入室試験がありますhappy02聴音や、演奏曲を少しでも仕上げるために、月曜に特別レッスンをしていただきました。1ヶ月半で始めての聴音などよくやってきたなと思っています。先生は、少しでも良いクラスに入れるようにと、ギリギリまで新しいことを教えて下さっていますが、入室に向けて詰め込んできたので、しっかり身に付いているかは???もし入室出来るのであれば、一番やさしいクラスで、じっくり勉強をして欲しいと思っています。まずは、今出来ることを、精一杯やっているちびメロをみてもらえれば満足かなhappy01

|

先週末は。。。

先週末、用事で母が上京したので、半年ぶりに会うことが出来ました。年末年始は、インフルエンザのため帰省できなかったので、久しぶりにおばあちゃんに会えて、ちびメロはとても嬉しかったようです。一緒に、お相撲を観戦したり、食事をしたり、たくさん話をして、たくさん遊んで、すてきな時間を過ごしましたnotes ピアノの練習はお休みしました。たまにはいいかな?週明けからは、お休みをした分を取り戻すべく、がんばっていますhappy02

|

明るい兆しが?!

最近聴音に苦戦していましたが、blue sky さんのすばらしいアドバイスにより、少し前進したような気がします。簡単な問題ができるようになった時に、もっとレベルをあげようと欲が出ていました。レベルをあげた途端、テンポがとれなくなり、今まで出来ていた簡単な問題も出来なくなり、親子でストレスをためていました。レベルをあげて、テンポがとれなくなるということは、まだ力がついていないのに、先に進んでしまっていた練習方法に問題があったのだと思います。blue sky さんの練習方法に挑戦したところ、大成功!私の焦りや力が抜けて、楽しく練習することができました。聴音が嫌いになりそうだったので、本当に良かったです♪

|

間違えることは、悪くない。

最近、聴音の練習がうまくいかなくて、イライラが積もっている、ちびメロ&私。今の気持ちを、旦那さんに話してみました。「聴音がうまく出来なくて、ちびメロがかなりいらついているんでよね。試験に受かるために詰め込んでも、実にならないと思うから、3月の試験を見送って、9月にしようかな?」と。旦那さんは、「もし不合格だったら、今、何が出来ていないのか、分かっていないのか、課題や問題点が分かるから、ちびメロにも良い経験になると思うよ。間違えることがいけないことじゃなくて、分からないことを本人が気がつかずそのままにしておくことが問題だよね。まずはチャレンジだよ。チャンスを自ら逃すのはもったいないことだよ。」うん、うん。そうかも。合格しないと!という気持ちだったから、あせる気持ちだけが空回りして、ちびメロにプレッシャーをかけていたのかも。現時点でのちびメロの力で、チャレンジをしてみよう。勉強するために、入室を希望しているわけだから、現時点で出来が良ければ、そもそも入室しなくてもいいんだよな。これからだよねっ!

|

聴音は難しい

3月の入室試験に向けて、毎日練習に励んでいます。ハノンや読符などの練習に併せて、入室試験勉強。この中でもちびメロを苦しめているのは、『聴音』。音を聴いて、楽譜に書くことは始めてで、音は分かっていても、上手くテンポがとれないために、少しずつずれてしまったり・・・。八分音符や、付点四分音符が入ってくると、もう、パニック。先生がおっしゃるには、「今まで、曲を聴いてそのまま弾くということしかやってきていないので、テンポ感がないんでしょう。」と。確かに、拍子記号を見て、テンポを意識させたことはなかったなあ。
入室試験に間に合うようにと、猛特訓していたので、ちびメロのイライラはピークに。これは、まずい。嫌いになってしまうは避けたいので、今、ちびメロがやれるところまで無理せずにやろう。3月に間に合わなければ、次の機会にチャレンジをしたらいいんだから。ソルフェージュは、じっくり身につけた方が良いと思うので、詰め込みはやめよう。またまた反省。

|

今までの練習曲は?

新しい教室に通いはじめ、まだ慣れない部分もあるけれど、前向きに親子で頑張っています。
ただ、どうしようか決めかねている問題があります。それは、今までの練習曲を弾くかどうかです。前の教室でせっかく難しい曲が弾けるようになっているのに、このまま弾けなくなってしまうのはもったいないかも?というのと、自信を失ってほしくない、ということで基礎の練習が終わった後は、数曲弾いていました。新しい先生は、「今まで弾いていた曲を、絶対に弾くなとは言いません。ただ、3年生になる頃には、これくらいの曲は読符が出来て、弾けるようになるから・・・」と。急に基礎ばかりの練習で滅入るよりは、音楽を楽しむということで、弾かせてあげよう、と続けていました。ただ、せっかく手の形や弾き方、音の響き、呼吸などを意識して丁寧に練習をしていても、今までの練習曲を弾いたとたんに、以前の弾き方に戻ってしまうのです。小さな手で無理をして弾いていた部分もあるので、そうしないと弾けないのと、勉強し始めたばかりのことがすぐには出来ないので、仕方はないかな?と思っていはいるのですが、果たして、このままで良いのだろうか?
難しい曲がただ弾けていたということに疑問をもって、練習方法をかえたのに、今まで弾けてた曲が弾けなくなるという不安や、焦りから、前のスタイルにしがみついてしまうのは、どうなんだろうか?未だ答えが出ない。一からやり直すのなら、過去の栄光みたいなものは捨てないといけないのかもしれないな。。。まだまだ悩みはつきません。

|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »