« これまでの話★1 | トップページ | 9/30の練習 »

これまでの話★2

3歳の頃の娘は先生のお話をよく聞いてまじめにレッスンを受けていましたが、家での練習は気がのらず1日5分~10分練習する程度でした。キラキラ星を半年くらいじっくり教えていただき、その後、「ちょうちょ」「ぶんぶんぶん」とゆっくり進み左手の伴奏も習い始めた頃、思い通りにいかなくて、家での練習ではヒステリーを起こすようになりました。1回だけ、先生のレッスン中にも自分が抑えきれなくなり泣き続けて途中で失礼したこともありました。間違えたら必ず最初から弾き直さないと気がおさまらないのと、本人の中でこの曲はこうだというものが芽生え始めた時期だったようで、どうしても譲れなかったのでしょう。先生からも「音楽に対して自分の意思がしっかりあるようなので、気長にゆっくりいきましょう!こういうタイプのお子さんは、ある時期になるとグッと伸びたりしますので、その時期を待ちましょう。私の前だとまだなんとか弾けるようなら、週に2回いらしたらどうですか?」とのお言葉をいただいて、とてもとても励まされたのを思い出します。先生のお言葉に甘えて、週2回レッスンしていただきました。そしてこの状態が1年半位続きました・・・。

|

« これまでの話★1 | トップページ | 9/30の練習 »

ピアノ」カテゴリの記事